復刊、舞台化…再注目される女性坑夫の記録 孤立の時代に響く希望の火

 日本の近代化を支えた筑豊の炭鉱で働いた女性を訪ね歩き記録した福岡県鞍手町の井手川泰子さん(88)の活動が、若い世代や研究者から注目されている。昨年12月に絶版だった著書が再編集され復刊。著書を原作に舞台化もされた。厳しい労働環境下でも、隣人と連帯し、前向きに生き抜こうとする炭鉱の女性たちの姿勢が、孤立しやすい現代の非正規雇用やシングルマザーの女性とも響き合う。...

残り 869文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR