昆虫でレアメタル探査 タンパク質の結晶が金属を吸着 東工大・森研究員、九州で実験開始

 東京工業大の森肇研究員(ウイルス学)が九州南部で、昆虫に由来するタンパク質の結晶を使ったレアメタル(希少金属)探査の実証実験に乗り出した。結晶は金属を吸着させる性質があり、海中に沈めて海底のレアメタル成分を捕集する。中国などに偏在し、各国が争奪戦を繰り広げるレアメタル。九州周辺は有望な鉱床の存在が...

残り 765文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR