「新年」のびのび書き初めに60人 長崎県平戸市

 「新年を書こう」と題して今年の夢などをしたためる地区恒例の書き初め大会が8日、長崎県平戸市辻町の多目的研修センター(南部公民館)であり、小学生から大人まで約60人がのびのびと筆を振るった。

 各自が考えてきた文字に対して講師の大石妃富美(ひとみ)さんが手本を示すと、参加者たちは「強い意志」「伝統を守る」...

残り 207文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR