東峰村の〝復興〟ヤマメ、子ども食堂に100匹提供

 2017年の九州豪雨で被災した福岡県東峰村の住民が養殖したヤマメが8日、同県大野城市で開かれた「こども食堂みずほまち」で子どもや地域住民に振る舞われた。村ではヤマメを地域の特産品にしようと、養殖が始まっている。地元の行事などに提供予定だったが、新型コロナウイルス禍で行き場をなくしていた。子どもたち...

残り 529文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR