抱きつかれた「18歳」 佐賀総局長・植田祐一

 きょう10日は成人の日。明治9年(1876年)の太政官布告以来、わが国は成人年齢を20歳としてきたが、その歴史は間もなく終わる。4月1日の改正民法施行で、成人年齢が18歳に引き下げられるからだ。ところで何でそんなことになったんだっけ?

 きっかけは憲法改正の手続きを定める国民投票法だった。当時国会を取材していて感じたのは、あからさまな政治の思惑だ。「18歳成人」の発端となる与野党の駆け引きは、まさに「大人の事情」にまみれていた。

...

残り 885文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR