被爆者と高校生語らう 福岡市博多区

 核兵器の恐ろしさや平和への願いを次世代に引き継ごうと、福岡市原爆被害者の会博多区支部は9日、被爆者と高校生らによる自由討論会を同市博多区の博多市民センターで開いた。高校生平和大使ら3人を含む計約25人が参加。四つのグループに分かれ、被爆体験や戦争と平和に対する若者の意識について語り合った。

 同支...

残り 364文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR