聴覚障害の漫画家がコロナ下の不自由な暮らし語る 福岡市で講演会

 福岡市東区千早の東市民センターで9日、障害のある人の暮らしについて考えるイベントがあり、久留米市在住のろうの漫画家、平本龍之介さん(41)が講演した。障害がある子どもらを応援する父親たちの会「福岡おやじたい」が主催。今回で8回目を迎える。

 平本さんは、東京出身、久留米市在住。生まれつき耳が不自由...

残り 315文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR