「俺は最期までグラウンドに」葬儀で長女が明かした小嶺元監督の情熱

 国見高(長崎)のサッカー部を率いて全国選手権を6度制した元監督で、7日に肝不全のため76歳で死去した小嶺忠敏さんの葬儀・告別式が9日、長崎県南島原市内の斎場で営まれ、教え子ら約1500人が参列し、最後の別れを惜しんだ。日本サッカー協会の田嶋幸三会長も参列し、弔辞を読んだ。...

残り 599文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR