「種痘」確立の緒方春朔を絵本に「感染症との闘い分かりやすく」

 新型コロナウイルス禍の中、感染症と闘った先人の生きざまを知ってもらおうと、国内初の予防接種「種痘」を成功させた秋月藩医、緒方春朔(しゅんさく)(1748~1810)の絵本を、福岡県朝倉市の住民が制作している。制作者は「命を懸けて感染症と闘った春朔らに思いをはせ、現代の医療従事者をおもんぱかってほしい」と話している。...

残り 628文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR