鎮西の平嶋「悔いなし」 クイックで奮闘 全日本高校バレー

 ◆春高バレー・男子決勝(9日、東京体育館)鎮西2-3日本航空

 鎮西のミドルブロッカー、平嶋(3年)は悔し涙を流す仲間の横で顔を上げた。苦しい場面でAクイックを決めるなど6得点。「自分がチームの空気をよくしようという思いがあった。最後の春高で悔いなく終われた」と胸を張った。梅林中(福岡市)3年時の全国都道府県対抗中学大会で福岡県の優勝に貢献し、鎮西高1年時に年代別の代表候補にも選ばれた逸材。今大会は196センチの長身を生かしたブロックでも大きく貢献した。卒業後は福岡大に進学予定。「次のステージでも頑張る」と飛躍を誓った。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR