韓国大統領選、怒れる20代男性の動向は 与党に不満、野党にも失望

 【ソウル池田郷】韓国の次期大統領選が2カ月後の3月に迫る中、各陣営が当落の鍵として20代男性の支持動向を注視している。経済格差の拡大や就職難、文在寅(ムンジェイン)政権の女性政策などに不満を募らせ、革新系与党に厳しい視線を向ける世代だが、古い価値観を引きずる保守系最大野党への懐疑心も根強いようだ。...

残り 1141文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR