日田の町おこしグループが鬼火焚き 高齢化で最後…ノウハウ伝えたい

 正月飾りや縁起物を燃やし1年の無病息災を祈る「鬼火焚(た)き」が9日、大分県日田市の三隈川河川敷で開かれた。地元の町おこしグループ「DS(どげんする)会」が1999年から実施してきたが、新型コロナウイルス禍やメンバーの高齢化もあり今回で最後にすることにした。

 倉嶋次郎会長(65)によると新春の恒例行事...

残り 264文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR