待望の「かもめ」海から長崎県に到着 川棚港でセレモニー

 秋に開業する西九州新幹線の車両「かもめ」が長崎県内に到着し、歓迎セレモニーが9日、川棚港(川棚町)であった。沿線自治体の関係者など約150人が小旗や拍手で出迎えた。

 かもめは6両編成で、クレーンで1両ずつ陸揚げされた。セレモニーでは地元の保育園児がJR九州の青柳俊彦社長らに花束を贈呈。中村法道知事は...

残り 230文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR