ほんげんぎょうで無病息災を祈る 佐賀市・開成小

 1年の無病息災を願う正月の伝統行事「ほんげんぎょう(鬼火焚き)」が9日、佐賀市鍋島町森田の開成小グラウンドであった。地域住民らは持ち寄った正月飾りなどを炎で焼いて、健康を祈った。

 ほんげんぎょうは開成校区の社会福祉協議会が主催しており、今年で8回目。比較的新しい住宅地がある開成校区でも、昔ながら...

残り 217文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR