甘い柿にしてくれた? 朝倉市の民家で「お化け柿」実る

 福岡県朝倉市の民家で、富有柿の木に変わった形の実がなり「お化け柿」と評判を集めている。

 森部晶伸さん(70)方で見つかった実は5センチ程度と小ぶりで、四つの膨らみがある。昨年12月にちぎった。木は樹齢約70年で、森部さんは物心ついた頃から実を食べているが「こんな形は初めて」。近くの住民も「タヌキに化かされたようだ」と驚く。

 今季は、いつもの年より甘い実が多かったという。「お化け柿は、実を甘くしてくれるお化けだったのではないだろうか」。森部さんはこう想像し、豊かな実りをもたらした自然に感謝していた。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR