鶴の吸い物【食べる本、読む料理 川野里子23】

 イザベラバードの『日本紀行』は明治初期に日本の内陸と北海道を旅したイギリス人女性の紀行だ。カヌーに乗って会津から新潟に抜ける冒険なども面白いが、食文化の観察も面白い。そこには現在の日本にはない食生活が記録されている。

 「鶴やこうのとりは裕福な人々の贅沢(ぜいたく)品であるが、鴨、雁(がん)、雉(...

残り 746文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR