要らないとは言わせない 「再編統合」対象の病院、コロナ下での闘い

【コロナ時代の病院改革 天草から】㊤

 社会構造の変化に対応するため病床数(ベッド数)を削減する「地域医療構想」で、厚生労働省が診療実績が乏しいとして「再編統合の議論が必要」と名指しした全国424の公立・公的病院(後に436病院)のうち、半数超の228病院は新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れていた。熊本県・天草諸島の南端、「天草市...

残り 1669文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR