子どもの貧困対策は、保育士確保策は…望まれる縦割りでない支援

【久留米―今と未来 市長選を前に④】

 ツリーに見立てた松ぼっくりをビーズで飾ったり、遊具で跳びはねたり。クリスマスの昨年12月25日。福岡県久留米市梅満町のフリースペース「じじっかパーク」で20人ほどの子が楽しんでいた。走り回る子を「ほら危ない」とたしなめる大人。ここでは誰もがみんなの子で、みんなの親なのだ。

 一般社団法人umau.(ウマウ)が運営する「じじっか」は、ひとり親世帯などの支援拠点で、親子食堂や体験教室といった活動を続ける。...

残り 1442文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR