江戸時代の遊び「泥めんこ」40点展示 元中学美術教諭が手作り

 福岡県直方市新町の直方歳時館で、花田義朗館長(63)が手作りした「泥めんこ」の展示会が開かれている。動物や花々、節句や故事などを題材にした約40点が並ぶ。16日まで、入場無料。

 泥めんこは粘土が原料で、江戸時代に子どもの遊びとして流行したとされる。中学校の美術教諭だった花田さんが「直方の名物になり、土産物として喜ばれれば」と制作し、2020年秋から販売を始めた。...

残り 233文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR