大石賢吾氏と政策協定、自民党長崎県連が推薦状

 自民党長崎県連は10日、知事選(2月3日告示、20日投開票)への立候補を予定する無所属新人で元厚生労働省医系技官の大石賢吾氏(39)と政策協定を結び、推薦状を手渡した。政策協定では、石木ダムの早期完成やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の実現など12項目を盛り込んだ。

 知事選を巡っては、一部の県...

残り 144文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR