再びロッテルダム映画祭 日刊紙、統一デザイン…オシャレなやり方に感心

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想25】

 2008年1月23日の夕刻、オランダのスキポール空港が見えてくる。周囲に建物がなく、薄墨の大気の暗さに、滑走路の光だけが映えて美しい。着陸体勢に入ると、手前の幹線道路に車の光の河が流れているようで、これもいい。オランダは、日本のように空間をやたらに明るくすることはなく、全体の暗さのなかに光を印象付ける。ドでかい空港を出ると、...

残り 1247文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR