【やさしい日本語】道路(どうろ)で 見(み)えにくい 線(せん)や 印(しるし)が 増(ふ)えている

交通こうつう事故じこが  きないように、道路どうろには  せんや  しるしが  しろい  いろなどで  ってあります。

せんが  あると、くるまが  まる  場所ばしょや、ひとが  あるく  場所ばしょが  かります。

みちを  わたるときの「横断おうだん歩道ほどう」も  とても  大事だいじです。

でも、  佐賀さがけんでは、せんや  しるしが  えにくい  場所ばしょが  えています。

せんが  こすれて、いろが  はがれて  しまったからです。

佐賀さがけんの  警察けいさつは、横断おうだん歩道ほどうと、横断おうだん歩道ほどうを  くるまに  らせる  しるしと、くるまが  まる  せんを  調しらべました。

すると3まん4000のうち「せんや  しるしが  半分はんぶん以上いじょう  えた」場所ばしょが  7000以上いじょうも  ありました。

たくさんの  ひとが「いろを  もう一度いちど  ってほしい」と  おもっています。

ですから、とくに  えにくい  場所ばしょや、どもが  たくさん  とおる  場所ばしょで  せんや  しるしを  あたらしく  ります。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR