北九州市の人口93万人割る 少子高齢化、コロナで転入減

 北九州市は11日、1日現在の推計人口が92万9991人となり、1963年の同市誕生以来、初めて93万人を割り込んだと発表した。79年12月の106万9117人をピークに減少傾向が続いており、2004年4月に初めて100万人を割った。少子高齢化に加え、新型コロナウイルス禍で市の移住施策も立ちゆかなくなっているという。...

残り 317文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR