直方第三中に暖房機を寄贈 地元企業が2台

 福岡県直方市知古の直方第三中で11日、始業式に合わせて地元企業から寄贈を受けた赤外線暖房機の贈呈式が開かれた。

 暖房機は総合建設業の白石組(同市頓野、白石博社長)が2台を寄贈。同校近くの遠賀川で河道しゅんせつ工事を行う同社が「生徒のためになるものを寄贈したい」と申し出、学校側が冬場に体育館で使う暖房器具を要望した。...

残り 232文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR