鬼火焚きで無病息災祈る うきは市

 福岡県うきは市浮羽町の古川地区で9日朝、正月の伝統行事「鬼火焚(おにびた)き」があり、住民たちがしめ縄やお札などを燃やして無病息災を祈った。

 二十数年前に途絶えたが、地元青年団などの有志が復活させて今年が4回目。...

残り 176文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR