農業自動化へ開発加速 安川電機・小笠原浩社長

2022駆ける トップインタビュー

 -北九州市の本社隣接地に研究開発拠点「安川テクノロジーセンタ」を開設し、昨年9月に本格稼働した。

 「各地に分散していた開発部隊を集約した。(機械動作を制御する)サーボモーターや(モーターを制御する)インバーターは共通の技術が多いが、これまでは別々に開発していた。集約することで横のつながりが増えた。開発はリードタイムも含め加速するだろう。フロアに垣根がないためおのずと人が集まり、今までにないチームが編成されている」

 -世界的半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県に進出する。...

残り 536文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR