おつりはマドモワゼルにあげる

 「新型コロナの流行以来『シビズム』を強く意識するようになった」とパリ在住の知人からの年賀メールに▼フランス語で「公徳心、市民意識」を意味する言葉が心に浮かんだきっかけは、感染拡大で学校が一斉休校になる前日、スーパーで目にした光景だった▼レジの列に図工の作品を抱えた3人の小学生。前にいた常連らしき高齢の男性が「学校はきょうで最後だね。それは君たちが作ったのかい」と声を掛け、「みんなで好きなものを買いなさい」と紙幣を差し出した...

残り 355文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR