生まれ故郷の観客の前で終演「ついにこの日」ねぎらう九州の関係者

 ニッポン体操界をけん引した内村航平(33)が現役を引退する。難度の高い技を美しく決め、個人総合で五輪2連覇、世界選手権6連覇と輝かしい実績を誇る。「世界のアスリートが尊敬する存在だった」。絶対的エースの「終演」が発表された11日、郷里の九州から惜しみない拍手が送られた。

 北九州市で生まれた。元選手の両親が長崎県諫早市に開いた体操クラブで競技を始めたのは3歳の時。中学卒業までをここで過ごした。...

残り 673文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR