アパートに男性遺体、20代のネパール人か 福岡市、死因は窒息死

 福岡県警は11日、福岡市東区塩浜1丁目のアパート一室で男性の遺体が見つかり、司法解剖の結果、死因は首の圧迫による窒息死だったと発表した。県警は、この部屋に住むネパール国籍の20代男性とみて身元の特定を進めるとともに、首を絞められた可能性があるとみて捜査している。...

残り 223文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR