九電社長が佐賀知事に陳謝 玄海原発で相次ぐ火災、事故巡り

 九州電力の池辺和弘社長は11日、佐賀県庁に山口祥義知事を訪ね、玄海原発(玄海町)の工事現場で、火災や作業員が負傷する事故が相次いでいることについて、「佐賀県の皆さまに大変な心配をお掛けして、誠に申し訳ございません」と陳謝した。

 玄海原発では昨年、テロ対策用「特定重大事故等対処施設(特重施設)」の工事現場の火災など4件のトラブルが発生した。...

残り 223文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR