ソーセージと少女【食べる本、読む料理 川野里子25】

 アメリカのソーセージははっきり言って不味(まず)い。バーベキューをする時、ホットドックにして食べるのが定番らしい。ご馳走(ちそう)扱いだが、それでも美味(おい)しいとは思えない。だからだろうか、アメリカ人であるヘミングウェイがイタリアのソーセージを味見する描写には本物に出会った喜びが滲(にじ)む。...

残り 745文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR