書店業への参入が絶えない理由 可能性を広げる”パイオニア”たち

書店新時代(5)

 クリスマスが迫った昨年12月23日夜。福岡市東区箱崎のブックスキューブリック箱崎店2階のカフェで、文筆家五所純子さんのトークイベントがあった。西南学院大准教授の田村元彦さんを聞き手に、違法薬物使用女性を取材した著書「薬を食う女たち」について語り合った。五所さんは大分県宇佐市出身。著書はルポか、小説...

残り 3597文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR