留学生支援で八幡を元気に スリランカ料理店を開いた元スペワ職員

 留学生支援と同時に、商店街の活性化にもつなげたい。そんな思いを込めたスリランカ料理店「キャンディアン」が昨秋、北九州市八幡東区の中央町商店街にオープンした。運営する一般社団法人「グローバルエデュケーションサポート」理事長、小林典子さん(49)=同区=は「日本の労働人口が減る中で、日本に来た留学生が力を発揮できる共存共栄の社会をつくりたい」と意気込む。...

残り 772文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR