一般質問6年ない大任町議会 議長「3月議会では行うだろう」

 大任町議会の昨年12月定例会で議長の職権により6年ぶりの一般質問が認められなかった問題で、松下太議長は12日、「一般質問をしたい議員が複数いる。3月議会では行うだろう」との見通しを示した。西日本新聞の取材に答えた。一方で、「議場は個人を誹謗(ひぼう)・中傷する場ではない」として、一部議員が求めている永原譲二町長の過去の言動などに対する質問は、引き続き認めないとした。...

残り 479文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR