有田焼の窯元で「くるまおろしの儀」 ろくろを神棚から降ろす神事

 有田町幸平の老舗陶磁器メーカー「深川製磁」で7日、年頭の仕事始めに当たる「くるまおろしの儀」があり、窯の安全と発展を祈願した。

 有田焼の窯元では、江戸期から仕事始めの神事を行ってきたとされる。年末にろくろ(車)を台座から外して神棚にしまい、新年を迎えた後に神棚から降ろす。同社では1894(明治2...

残り 209文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR