コロナ終息など願う 五島で新春の伝統行事「お守りさん」

 長崎県五島市崎山地区の新春の伝統行事「お守(も)りさん」が10、11の両日あった。地区の世話役らが各家庭を回り、玄関先で経本などを載せた「もろぶた」を住民の頭上にかざし、無病息災や家内安全、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。

 お守りさんは、平家の落人が地元に持ってきたとされる大般若経のこと。日の出...

残り 133文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR