JR九州駅無人化で「意見を聞く場を」 大分の障害者団体が要望書提出

 JR九州が宮崎を除く九州6県で新たに計29駅を無人化する計画について、障害者本人や支援者らでつくる大分県内の16団体の代表者が12日、同社大分支社(大分市)を訪れ、説明会の開催などを求める要望書を池田裕記副支社長に提出した。要望書を手渡した車いすユーザーの河野龍児さん(53)は「計画の発表は一方的...

残り 277文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR