組長と交際認定、公共工事排除は「不当」 元経営者、福岡県と市を地裁に提訴

 福岡県警の違法な取り調べにより暴力団組長との密接交際があったと認定され、経営する会社が同県や福岡市の公共工事から不当に排除されたとして、同市博多区の男性(51)が、県と市に排除措置処分の取り消しや110万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。12日に第1回口頭弁論があり、県と市は争う姿勢を示した...

残り 405文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR