大川ゴールポスト事故5年…「安全の日」小中学校で遊具など点検

 福岡県大川市の川口小で4年生の男児=当時(10)=が、倒れたゴールポストの下敷きになり亡くなった事故から13日で5年となった。市は毎年この日を「学校安全の日」と定め、市内の全小中学校10校が、事故の再発防止へ向けた取り組みを続けている。

 道海島小(79人)では、男児の冥福を祈り黙とうした後、事故を避ける...

残り 233文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR