脱炭素はチャンスにも 旭化成の小堀秀毅社長

2022駆ける トップインタビュー

 -2021年をどう振り返るか。

 「新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、少し明るい兆しが見えてきた。目指す社会像として、二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルがクローズアップされ、大きな分岐点となった年だった」

 -カーボンニュートラルへの対応が求められている。

 「あまりネガティブに...

残り 614文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR