男児「原爆のことが分かる本ある?」

 心強く、うれしい出会いだった。100枠ある本棚に、各オーナーが自選の本を並べる「糸島の顔がみえる本屋さん」(福岡県糸島市)でのこと。オーナーの一人として、私が交代制の店番をしていた週末、近所の小学4年の男児が駆け込んできた。「原爆のことが分かる本ある?」

 聞けば、学校で発表するために被爆の実相を...

残り 239文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR