長崎知事選、新人の田中隆治氏が出馬表明 

 長崎県知事選(2月3日告示、20日投開票)に、新人で元神戸大助手の田中隆治氏(78)=神戸市=が13日、無所属で立候補する意向を表明した。県庁で会見した田中氏は「先進的かつ地球に優しい持続可能なスマート農業や栽培漁業に取り組む」と述べた。同知事選への出馬表明は5人目。

 田中氏は同県佐世保市出身。神戸大院を修了後、同大助手を務めた。昨年秋の衆院選では長崎4区から出馬し、落選した。

 同知事選には、4選を目指す現職の中村法道氏(71)と、いずれも無所属新人で元厚生労働省医系技官の大石賢吾氏(39)、元会社員の寺田浩彦氏(60)、会社社長の宮沢由彦氏(54)が出馬の意向を表明している。 (泉修平)

長崎県の天気予報

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR