倒壊恐れの空き家、強制撤去へ行政代執行 佐賀県白石町では初

 佐賀県白石町は13日、空き家対策特別措置法などに基づく行政代執行により、倒壊の恐れがある同町戸ケ里の空き家の強制撤去に踏み切った。近く重機での解体にも着手し、約2カ月で完了する見通し。代執行による空き家の撤去は県内3例目で、同町では初めて。

 町によると、2階建ての空き家は傾きが見られ、放置すれば...

残り 152文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR