陸自西部方面航空隊、2022年初の編隊飛行訓練

 陸上自衛隊西部方面航空隊(益城町)は12日、CH47大型輸送ヘリコプターや、AH64戦闘ヘリコプターが参加した年初の編隊飛行訓練を実施した。

 同隊の本部がある高遊原分屯地に加え、目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)から計19機と乗員や整備員ら約300人が参加。高遊原分屯地を離陸し、傘型の隊形を...

残り 149文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR