熊本県内で296人感染 過去2番目の多さ クラスターも4件

 熊本県と熊本市は13日、新たに296人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の1日当たりの新規感染者数としては、昨年8月20日の317人に次ぐ、過去2番目の多さ。

 熊本市では4件のクラスター(感染者集団)も判明。中央区の国立病院機構熊本医療センターで10~12日に職員3人と患者2人の計5人が陽性となり、熊本大では7~11日に同じ課外活動の学生5人が感染した。この他、南区のスイミングスクールで職員と利用者計6人、中央区のキャバクラ「Villa kumamoto」で従業員6人が陽性となった。また同市は1月12日に公表した1人の陽性を取り下げた。

 居住地別の感染者数は、熊本市179▽八代市21▽菊陽町9▽菊池市、合志市、益城町8▽宇土市、天草市7▽宇城市、大津町6▽山鹿市5▽人吉市、玉名市、御船町、山都町3▽阿蘇市、あさぎり町、氷川町、錦町、多良木町、西原村、相良村2▽南関町、甲佐町1▽県外4。

 (鶴善行、綾部庸介)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR