「勝手に止まる」着地は芸術の域

 <見ればただなんの苦もなき水鳥の足に暇なきわが思いかな>。黄門様で有名な水戸光圀の作とされる。水に浮いているだけに見える鳥も常に足を動かしている。人知れず苦労している私のように-と▼水鳥を白鳥に代えた格言はよく耳にする。優雅に浮かぶ美しい白鳥も、水面下では懸命に水をかいている。華やかさの陰には地道な...

残り 419文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR