「柳河藩の政治と社会」出版 安定期の藩主の受難見つめる

柳川古文書館学芸員・白石直樹さん

 江戸時代、筑後地方南部を治めた柳河藩。江戸中期から後期の治政を著書「柳河藩の政治と社会」にまとめた。戦国の世を生き抜いた初代藩主立花宗茂にスポットライトが当たりがちだが「その後の藩主も固有の問題と向き合ったことを知ってほしい」と話す。

 福岡県柳川市が発行する「柳川の歴史」の最新刊。近世編のうち、4~11代藩主の治世を担当した。...

残り 526文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR