記事が伝えた「強烈な灼熱」【ゴッホ展 福岡市美術館①】

 日本では長い間、海外の美術作品を直接見ることはおろか、複製図版の入手すら難しい状況でした。美術を愛する人々は、限られた情報を頼りに遠く離れた地の美術へ思いを募らせました。

 ファン・ゴッホの作品はその典型です。例えば1915年、福岡日日新聞(現西日本新聞)の文芸欄に、今では「夜のプロヴァンスの田舎道」として知られる...

残り 278文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR