「生きているみたい」50メートル超の連だこに歓声 うきは・大石小

 福岡県うきは市浮羽町の大石小の3年生が14日、地元の老人クラブ「百生会」の会員7人から指導を受けて、連だこ作りに挑戦した。

 児童は「総合的な学習の時間」で2学期後半から、今年で66回目となる地域の伝統行事「大石親子凧(たこ)あげ大会」について調べたり、連だこの絵を描いたりして準備してきた。

 児童は会...

残り 256文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR