地制調が始動 国と地方の役割議論 コロナ対応で連携不足露呈 

 地方の行財政制度を検討する首相の諮問機関、第33次地方制度調査会(地制調)の第1回総会が14日、首相官邸で開かれた。岸田文雄首相は、新型コロナウイルス対応で浮き彫りになった国と自治体の役割分担などについて諮問。任期2年の地制調は、緊急事態宣言発出を巡り知事の要請がたなざらしにされた事例などをテーマ...

残り 452文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR